『龍と極北』
矢倉千圓
高校生棋士龍角よつはは、名人である千夜恒星を倒す為に日々努力していた。しかし、よつはは名人が突然引退するということを知り、名人を倒せる機会が残り1回であることを知る。名人に挑戦するために、さらに努力するが空回りしてしまい……?もっとも長く苛烈な棋戦「名人戦」に人生を賭ける精鋭棋士たち!!! 天才達の華麗な将棋に酔いしれろ!!
ストア情報
詳しい購入方法は、各電子書店のサイトにてご確認ください。
※書店によって、この本の電子版を扱っていない場合があります。ご了承下さい。