『ヒナ 値付けされた子役たち』4巻
鈴音ことら
天才子役・ヒナを一人で担当することになった、新人マネージャー・烏丸。一見完璧に見えるヒナの演技に違和感を覚えた烏丸は、ヒナの演技を変えようとはたらきかけるも、ヒナから返ってきたのは「演者に心など要らない」という冷めた言葉で…。毒舌ジェンダーレス子役の奮闘、幼い天才子役の壮絶な過去。夢売る世界の裏側を描いた芸能お仕事ストーリー第4巻!
ストア情報
詳しい購入方法は、各電子書店のサイトにてご確認ください。
※書店によって、この本の電子版を扱っていない場合があります。ご了承下さい。