『明日、私は誰かのカノジョ』6巻
をの ひなお
「女らしさを見せつけられるたび、私の中の劣等感が刺激されてたまらない気持ちになる…」 夜の街で『ゆあ』と名乗る女子と出会い、流されるままホストクラブに足を踏み入れた萌。 この何気ない出会いと体験が、彼女と彼女の『自分らしさ』を熱狂と波乱の物語へと飲み込んでいく―― 人生の分岐点で現れる『扉』の数々。 その先が天国か地獄かは開けてみなければ分からない。 第四章、主人公はまだいない。
ストア情報
詳しい購入方法は、各電子書店のサイトにてご確認ください。
※書店によって、この本の電子版を扱っていない場合があります。ご了承下さい。