サイコミ

うまよん

うまよん

原作:Cygames 漫画:熊ジェット  コンテ:伊藤 仁

スペシャルウィークやサイレンススズカなどの人気ウマ娘が登場する、ポップでかわいい日常4コマ漫画

20,984
01月25日(金)
みんなのコメント

↓2の続きです その結果、彼の同期の馬達は、マルゼンスキーが居なかったからレースに勝てたという酷評をされてしまい、一部の馬は、死ぬまで正当な評価を受けられなかったそうです。 実は当時、アメリカで三冠を取った馬も居たのですが、マルゼンスキーがアメリカで活躍していれば、三冠取れたかは怪しかっただろう、とまで言われています。 孫のスペシャルウィーク、ライスシャワー等は活躍した名馬だっただけに、彼の能力は高かったのは一目瞭然で。 そんな彼は、記録には残りませんでしたが、引退時、「さよならマルゼンスキー、語り継ごう、お前の強さを」とファンに幕を掲げられる程、記憶に残る名馬になりました。

マヤノに古いって言われた時はおしおきしてたけど、トレーナーに言われると悔しがって勉強するあたり分かりやすいですね

知ってる方も多いかと思いますが、一応説明 こっちでは、かなり濃いキャラ(精一杯の称賛)として活躍しているマルゼンスキーですが、元ネタになった彼は、夢のスーパーカーと呼ばれる程、結局引退まで能力が計り知れない程の名馬でした。 その強さによって、同期の馬達の評価を狂わせてしまう程に。 彼は、日本で産まれたものの、生を受けたのはアメリカでだった為、当時の規則で外国馬扱いになりクラシック三冠などのメインレースに出られませんでした。 しかし、出たレースではデタラメ地味た強さを魅せた結果、彼がメインレースに出ていれば…と人々は思ってしまうのも無理の無い話な訳で。

トレーナー君に俺はいつなれるのかなぁ…(アプリ無限延期を受けて

トレーナーを君付けの時点でベテラン感満載です