サイコミ

さよならの朝に約束の花をかざろう

さよならの朝に約束の花をかざろう

原作:Iorph 漫画:佐藤ミト

故郷を無くした少女マキアが出会ったのは、親を亡くしたひとりぼっちの赤ん坊だった…。岡田麿里初監督アニメ映画、公式コミカライズ!!

19,288
06月25日(火)
みんなのコメント

さよならの時だよ、ってなんかすげぇ良い...

たった10ページしかありませんが、それでも私にとっては十分なくらいです。 ・マキアが死んだクリムに対して「おやすみ、クリム」と声をかけていること ・レナト自身の意志で鎖を破り、マキアと共にあるべき場所へ帰る決意をしたこと これらが補完されただけでも本編の見方が変わると思います。 個人的には映画では省略された「おやすみ、クリム」を石見さんの声で聞きたかったなぁと思っております。

凄いっすよねipad...(というかたぶんクリスタ

鳴き声が聞こえてマキアが振り向いたシーンで終わるからなるほどってなった レナトは自分の意志で出たんだね

毎度のことながら、映画では描かれなかった細かい部分の補完がとても上手いですね。作中ではレイリアを迎えに行った時、なぜマキアがレナトと一緒だったのかは描かれなかったので、分からないことが分かってスッキリしましたし、こうした作品の隙間を埋めていく描写は個人的に大いにアリです。 それからマキアが息絶えたクリムに「お休み」というのもいいですね。